食物酵素の効果を実感するためには?

以前であれば、食事制限や運動=ダイエットのイメージでしたが、最近は無理な食事制限や運動を抑え、体の内部から健康的に行うダイエットが主流となっています。 ダイエットに取り組む上で、今や必要不可欠なモノとなった「酵素」。 酵素は食べ物の消化を良くする事で栄養を吸収しやすくし、代謝を向上させます。 また、酵素は肝臓や胃腸などの消化器官を含め、あらゆる臓器の運動起点となる化学反応に関与します。 酵素が働くと内臓がエネルギーを消費していくので、基礎代謝が上がり、結果ダイエット効果が期待できます。 ただ、痩せる上で欠かす事のできないこの「酵素」が私たちの体内できちんと活性しなければ話しになりません。

酵素はどんな状況でも働くものではない

酵素は微生物ではありませんが、ある意味生きていると言えます。 なぜなら、自身がおかれた環境の条件によって活性したり、活性しなかったりするからです。 もし、酵素が活性しない条件に私たちがおいてしまうと、酵素はヘソを曲げて働かないのです。 ですので、酵素が働きやすい環境を私たち自身が作ってあげないといけないわけです。

酵素が活性しやすい条件とは?

そもそも酵素はタンパク質の一種です。ですので、タンパク質が良く働く環境下で酵素も活性化するという事なのですよね。 酵素(タンパク質)が活性するかどうかは温度にかかっています。 実は、酵素は48℃以上になると不活性になって死滅していきます。 48℃の状態であれば2時間、さらに温度を上げていくと死滅までの時間は当然、だんだん短くなります。 ただ、私たちの体内で酵素は働くわけですから、私たちの体温が48℃を超える事はありませんからこれについては問題ありません。 酵素が活性する温度は37~40℃くらいと言われています。 ですので、逆に体温が低い状態が問題なのです。 戦後の日本人に比べ現代の日本人は体温が1.5~2度くらい低くなっていると言われています。 女性であれば特に低体温の人が多いですよね。平熱が35℃代という人がほとんどなのではないでしょうか? このような低体温の場合、酵素の活性が非常に悪い可能性があります。

体温を上げる為にできる事は?

せっかく酵素が豊富に配合されているダイエットサプリやドリンクを飲んでも効果がないと飲む意味がありません。 もし、あなたが酵素をダイエットに取り入れる場合、自身の体温をもう一度確認してみて下さい。 平熱が35℃台の場合は特に、酵素を取り入れても活性が非常に悪いと考えらます。 そもそも体温を上げる事は痩せる上で必ず必要な事ですので、体温を上げる工夫をこの機会にしてみる事をおすすめします。 例えば、毎日湯船に浸かる習慣を付けたリ、適度な運動(ストレッチなど手軽にできるものでも効果があります)、きちんと食事を食べる事は体温を健康的に上昇させる事になります。 是非、実践してみて下さい。