炭水化物抜きダイエットが失敗する理由

昨今メジャーになった炭水化物抜きダイエット。 短期間でしっかり痩せられるということで人気が出て、今やダイエットの定番になっています。 しかし、炭水化物ダイエットは失敗する人も多いのです。 簡単に痩せられるはずなのに、失敗してしまうのはどうしてなんでしょう? その理由を説明したいと思います。

炭水化物ダイエットに失敗する一番の理由

炭水化物の摂取を控えると、体内に脂肪が溜まりづらくなり、結果として体重減につながります。 炭水化物には糖が含まれており、糖は私たちの体を動かすエネルギーとなるのですが、必要なエネルギー以上の糖はあまってしまい、それが脂肪へと変換されるからです。 よって、炭水化物を摂らなければ、脂肪にはならないため、痩せるというわけです。 しかし、炭水化物は脳の栄養源ともなるのです。 正確には炭水化物が体内で消化され、ブドウ糖になり、そのブドウ糖によって脳は働きます。 炭水化物抜きダイエットをするということは、このブドウ糖もなくなってしまうので、脳が働かなくなり、ボーっとしてしまうようになるのです。 そして、炭水化物抜きダイエットに失敗する一番の理由が、働かなくなった脳によって、通常の何倍もの空腹感を感じてしまうこと。 ブドウ糖がないことで、脳は飢餓状態になっているので、通常よりも強く「お腹が空いています!!ブドウ糖が必要です!!」と一生懸命信号を送ってしまうのです。 このような緊急空腹信号が出てしまうと、炭水化物以外のものを食べても満腹感は得られません。 食べても食べても満腹にならず、逆に太ってしまうということになってしまいます。

炭水化物抜きダイエットを成功させるには

このように、炭水化物抜きダイエットをすると、脳から緊急空腹信号が出てしまい、それに耐えるのは相当な忍耐が必要ですし、強いストレスを感じてしまうことでしょう。 しかし、炭水化物抜きダイエットそのももの仕組みは決して間違っているわけではありません。 炭水化物に含まれる糖はエネルギーとなり、あまったものが脂肪になるのですから、あまらない程度の炭水化物は摂ればよいのです。 そうすれば、脳にも栄養がまわり、緊急空腹信号も出さずに済むわけです。 もちろん、完全な炭水化物抜きダイエットよりは、体重変化が出るのに時間はかかってしまいますが、健康的に痩せることができるでしょう。 また、私たちの体に必要な糖(ブドウ糖)は、炭水化物だけでは足りない場合、筋肉を分解して作り出すことができるので、炭水化物を減らした分、タンパク質を摂るようにするとよいでしょう。 炭水化物抜きダイエットのコツは、 ダイエットは長く続けることが大切。 無理のないダイエット法で、美しい体を目指しましょう。