腸内フローラの改善と筋トレは最高のダイエット

近年腸内フローラを整えてダイエットにつなげるという考え方が広まってきています。 腸内菌のバランスを整えると消化が促進され、代謝アップにつながるというのです。 しかし、腸内フローラの改善に加えて筋トレも同時進行した方が効率よくダイエットできると考えられます。

腸内フローラのバランスを整えるとなぜダイエット効果があるのか?

ヒトの腸内には、総重量約1キロの腸内細菌が棲んでいます。およそ1,000種類、100兆個と数も半端ありません。 これらの菌がまるでお花畑のように見えることかあ腸内フローラと呼ばれているわけですが、腸内フローラは大まかに3種の菌によって構成されています。 善玉菌、悪玉菌、日和見菌です。 近年の研究では、一概に3種に分かるのは難しいと言われるようになってきましたが、基本的に善玉菌は消化や腸の機能を促進する菌、悪玉菌は腸内の便を腐らせたり、腸の機能を低下させる菌。 日和見菌は、どちらにも属さずに、善玉菌が優勢であれば善玉菌に味方し、悪玉菌が優勢せあれば悪玉菌に味方する菌とされています。 腸内フローラのバランスを整えるとは、体外から善玉菌を摂取したり、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を積極的に摂取することを意味します。 そうすることにより、中立の立場である日和見菌が痩せ菌として働くようになり、脂肪の蓄積を抑えるためダイエット効果が期待できるのです。

腸内フローラのバランスを整えるだけで痩せるのか?

確かに腸内フローラのバランスを整えると、腸内菌によって脂肪の燃焼が促進されたり、脂肪の蓄積が抑えられたりするためダイエット効果が期待できます。 しかし、この効果にはかなり個人差があると考えられます。 腸内フローラのバランスを変えていくには、相当な時間を要することがあるからです。 実は、腸内フローラの構成はひとそれぞれかなり個性があるのです。 ヒトの腸内フローラは、幼少期に体内に入れた菌(バイ菌なども含め)や、これまでの食生活、生活環境、ストレスなどの影響を受けた結果、作られたものです。 ですから、すでに構成されているものの内容をガラッと変えるまでには時間がかかるわけです。

腸内フローラの改善と筋トレが効果的

これまでのお話しを踏まえ、おすすめなのは、腸内フローラの改善と筋トレの組み合わせです。 筋肉を使うことによって、血液の循環をアップさせることができるからです。 腸が機能するためには、血液を通じて運ばれてくる栄養が必要不可欠なことからも、筋トレはおすすめです。 さらに、筋トレによって血流が良くなると、腸で吸収した栄養が効率よく体中に運ばれることになりますから、代謝が促進されて体内のエネルギー消費が増えます。 このようなことから、腸内フローラの改善+筋トレがダイエットにとても効果的と言えるのです。