酵素の分泌量が急激に減少する40代からすべきこと

私たちの体内で作られる酵素は、全ての生命活動に関与する大切な物質です。 酵素がどれだけ分泌されるかによって、受ける影響も違ってきます。

私たちの酵素を作り出す力は衰えていく

酵素は私たちが生きる上で必要な物質でもありますが、その一方でダイエットや美容にも大きく影響します。 例えば、代謝酵素は、私たちの代謝や排泄や血行促進などに関与するのですが、酵素が十分に分泌されていると、それに関わる器官の機能も高いわけです。 また、食べ物の消化に関わる消化酵素の分泌が十分であれば、食べ物の分解が十分行われ、それが腸に引き渡されるので、腸の負担が軽減され、腸内環境が良くなります。 このようなことから、酵素はダイエットや美容に欠かせない物質と言えます。 私たちの体内酵素はなくなったり不足したりすることはありません。 しかし、私たちは加齢と共に酵素を作り出す力が衰えていくのです。

酵素の分泌量の減少を食い止める方法はあるのか?

40代に入る頃から酵素の分泌量が減少していく。これを食い止める方法はないのでしょうか? 残念ながら酵素の分泌量の減少を食い止める魔法の方法はありません。 ですので、酵素の分泌量減少に伴う悪影響をどれだけ抑えることができるかが、私たちの課題なのです。 酵素と言っても、色々な形があります。 例えば、唾液や胃液、膵液、腸液に含まれるような消化酵素は、実は、植物が発酵することで生成される酵素と同じ働きがあるのです。 つまり、唾液などに含まれる消化酵素は、食べた食べ物を細かく分解し、消化しやすくするわけですが、同じ作用が植物に含まれる酵素にもあるのです。 ですので、植物性の酵素を食べ物の分解に少しでも充てることができれば、消化をサポートすることができます。

酵素の分泌量の減少に備える方法とは?

消化に関わる酵素に関しては、植物性酵素を積極的に摂り入れることで酵素の分泌量減少による悪影響を一定レベル回避できます。 でもそれ以外に、できることもあります。 私たちの体内で生成される酵素のほとんどは、補酵素という物質がないと活発に活動できなかったり、まったく活動できなかったりします。 補酵素はビタミンやミネラルで構成されています。 ですので、酵素をサポートする補酵素の原料を十分に供給してあげることによって、酵素本来の力を引き出してあげることも可能です。 40代だからこそ、酵素の分泌量の減少に備えるべきなのです。