妊娠中に必要な栄養とは?

妊娠中となると、普段の体の状態とまったくかってが違います。 普段だったら好き好んで食べられていたモノも食べられなくなったり、その逆の症状も出てくるのが妊婦さんです。 つわりがキツくてそもそも食事なんてちゃんと摂れないなんて人もたくさん居るのではないでしょか? でも食べたくないからと言って何も食べないと、胎児やお母さんの健康に深刻な問題が出てきてしまいます。 胎児をお腹の中で育てるわけですから、単純に1.5倍くらいの栄養が必要になるわけですよね。 ですので、このサイトでは、妊婦さんに絶対に必要な栄養素をまとめましたので、参考にして下さいね。

妊婦さんに必要な栄養①鉄分

妊娠中は胎児に十分な栄養を送らなければならないので、たくさんの血液が必要になるんですよね。 赤血球に含まれるヘモグロビンの原料になるのが鉄分です。 妊娠中の貧血って、ほとんどがこの鉄分の不足によるものです。 これは、妊婦貧血と言って、妊娠中に貧血になると全身の酸素量が不足してしまい、動悸や目まい、息切れ、体のだるさなどの症状を起こします。 深刻なのは、貧血になったときの胎児への影響なんですよね。 胎児に十分な栄養が届かなくなってしまうので、きちんと発育できない事もあります。 ですので、妊娠中は通常の1.5倍~1.7倍くらいの鉄分の摂取が必要と言われています。

妊婦さんに必要な栄養②葉酸

葉酸とは、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンの一種ですよね。 葉酸は細胞を作る役割をします。 特に脳の発育とか、神経細胞の生産に欠かせない栄養素なんです。 これが不足してしまうと、赤ちゃんが何らかの障害を持ってしまうリスクが高まります。 この葉酸は、通常の2倍の摂取量が必要だと言われています。

妊婦さんに必要な栄養③カルシウム

知っての通り、カルシウムって骨を作るのに必要な栄養素なんですよね。 胎児の骨の生成もこのカルシウムがあっての事です。 ですので、妊娠中は大量のカルシウムが必要になってきます。 もし胎児のカルシウムが不足してしまうと、母親からカルシウムを取る形になる為、母親がカルシウム不足を引き起こしてしまうわけです。 このカルシウムは妊娠中は通常の1.5倍の摂取量が必要になります。

妊婦さんに必要な栄養④ビタミンC

ビタミンCも妊婦さんにとっても大切な栄養素の一つなんですよね。 ビタミンCは皮膚とか骨とか血管を作ります。と同時に鉄分の吸収を助ける働きもする為、鉄分が多く含まれる食物と一緒に摂る事が望ましいんですよね。 さらに、ビタミンCは知っての通り、免疫力を高める働きがあります。 妊娠中に風邪を引いたりしてしまうと、本当に胎児に悪影響しかないですよね。 ですので、必ずビタミンCを妊娠中に摂る事をおすすめします。 これまで、妊娠中に摂っておきたい栄養素について一緒に見てきましたが、つわりなどがキツくてなかなか食事を摂れないって事もありますよね。 だけど、無理してでも栄養のあるモノを摂らなければなりません。母親の責任ですよね。 そういう場合は、上記の栄養素が入ったサプリや健康食品を活用すると良いです。