ラクビ(lakubi)が作り出す短鎖脂肪酸の働きとは?

ダイエットを成功させたいなら、腸を元気にする必要があります。 整腸によって、消化機能が高まり、脂肪が蓄積されにくくなります。 また、腸が元気な状態なら排泄もきちんと行われるので、体内に毒素が溜まらず体全体が健康になります。代謝も向上しますよね。 ですので、ダイエットのカギを握るのは腸が元気かどうかという事なんです。 でも時として、腸は元気をなくしてしまう場合があります。その原因は腸内菌のバランスが崩れたからという事がかなり多いんです。 今ネットで、人気のダイエットサプリメントラクビ(lakubi)は腸内菌のバランスを整えるので、ダイエット、健康の両面で効果があると話題なんです。 ですので、今回は、ラクビ(lakubi)にどんな成分が配合されていて、どんな効果が期待できるのかを分かりやすく説明したいと思います。

酪酸菌が作り出す短鎖脂肪酸に整腸作用がある

ラクビ(lakubi)の成分を調べると、ラクビ(lakubi)には酪酸菌が配合されていて、これが短鎖脂肪酸を生成し、結果として整腸作用となる事のようなんですね。

酪酸菌とは

酪酸菌は糖を発酵させる菌です。糖を発酵する時に酪酸を生成するという特徴があります。 酪酸菌は自分の身を守る防御力が強く、胃では消化されず生きたまま腸まで届く強い菌なのですよね。
で、この酪酸菌は腸に行き着くと、腸で消化されにくい食物繊維やオリゴ糖を発酵します。 その過程で短鎖脂肪酸をを生成するのですよね。 こんなふうにして酪酸菌から生成された短鎖脂肪酸は、腸内を弱酸性にするので・・・
  1. 有害な腸内菌の繁殖を抑制します。
  2. 大腸の粘膜を刺激するので、蠕動運動(ぜんどう)が促進されます。
こんな恩恵をもたらすのですよね。 ですので、結果、酪酸菌には整腸作用があると言えます。

オリゴ糖には整腸作用がある

さて、ラクビ(lakubi)に配合されている成分の2つ目として“オリゴ糖”があります。 “オリゴ”って、ギリシャ語で「少ない」を差す「オリゴス」という言葉が語源になっているらしいです。 その名の通り、少ない糖類(少糖類)という事なんです。 糖は大きさによって、単糖類、少糖類、多糖類に区分されます。オリゴ糖は小糖類に入るわけですね。 オリゴ糖そのものは直接整腸作用に関わる事はないのですが、重要な役割をします。つまり、オリゴ糖は大腸で善玉菌の餌となるのですよね。 こうして善玉菌を増殖させるので、悪玉菌の勢力を上回る事ができます。 善玉菌>悪玉菌というようにですね。 この状態がベストで、腸が活発に活動するわけです。 今回はラクビ(lakubi)に配合されている2つの成分を調べてお話しましたが、この2点だけでもかなり整腸作用が高いので、結果として健康的なダイエットに繋がると思います。
[おすすめ記事]ラクビは40代でも効果ある?40代から腸内フローラの働きをよくするコツ