善玉菌サプリと酵素サプリはどちらが腸内環境の改善になるのか?

今「腸内フローラ」がメディアで取り上げられ、腸内菌のバランスがダイエットや美容、免疫などにも大きく影響していると言われています。 腸内フローラについては、まだまだ研究段階なのですが、分析テクノロジーの進化に伴い、今では色々な事実が分かるようになってきています。 ひとつ核心的なことを言えば、私たちは、腸内フローラのバランスをよい状態にキープする努力をしなければならないということです。

善玉菌サプリは腸内フローラのバランスを修正するのが狙い

腸内フローラのバランスは、悪玉菌がたくさん繁殖してしまい、本来、優勢な立ち位置にいなければならない善玉菌が悪玉菌の勢力に押されてしまうことによって崩れます。 悪玉菌は私たちにとって必要な菌なのですが、増えすぎてしまうと良くないわけです。 悪化してしまった腸内の悪玉菌を抑制する方法として、善玉菌サプリがあげられます。 善玉菌入りのサプリメントには、多くの場合、乳酸菌やビフィズス菌、酪酸菌などの善玉菌が含まれるのですが、これを直接体内に摂ることで腸内の善玉菌を元気づけることができます。 しかし、実は、善玉菌入りのサプリメントを飲んでも、その中に配合されている善玉菌がそのまま腸内菌として作用することは少ないようです。 要するに「新入りは定着するのがなかなか難しい」のです。 ですので、善玉菌入りのサプリは、腸に届いて、既存の善玉菌のエサになるという形で善玉菌の繁殖に貢献するというケースが多いようです。

酵素サプリは腸の負担を軽減するのが狙い

善玉菌入りサプリメントに並んで、腸内フローラの改善として今人気なのが、酵素サプリメントです。 酵素サプリメントは、主に野菜やフルーツ、穀物を発酵させたエキスを加工したものです。 発酵する過程で、酵素が作られるわけです。 私たちが食べ物を食べると、唾液や胃液、膵液、腸液などの消化器官から酵素が分泌され、食べ物の栄養を分解します。 腸は酵素が栄養を分解してくれるおかげて栄養を消化吸収できるわけです。 しかし、酵素の分泌量が減少してしまうと、栄養の分解が十分行なわれず、消化不良を引き起こします。 これが腸内環境を悪化させ、便秘などの原因になるわけです。 酵素サプリメントは、加齢やストレスなどで減少してしまった酵素をサポートしてくれます。 ですので、消化不良を改善でき、それが腸内環境の改善に繋がるわけです。