腸内菌を弱めてしまう生活習慣を改善しよう

私たちの体の健康は腸内菌がカギを握っています。 近年、腸内細菌の研究がすすみ、腸内菌が体全体に及ぼす影響がどれだけ大きいものかが広く知られるようになってきたのです。

腸内菌があってこそ成り立つ健康

腸内には約1キログラムにも及ぶ重量の腸内菌が棲んでいますが、これらの菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分かれます。 これらの腸内細菌がバランスよく共存することによって、それぞれの菌が自分の役割を果たしているのです。 ちなみに、悪玉菌を有害な菌だからない方がいいと考える人もいるかもしれませんが、悪玉菌も私たちの体に必要な働きをする菌です。 腸内菌が私たちの健康に大きく関与している理由の1つに、腸内にはヒトの免疫細胞の7割が集中しているということが上げられます。 私たちの体に不調をきたす有害菌が、もし腸壁を通過してしまい、血液中に紛れ込んでしまったら病気になってしまいます。 これが、腸内に免疫細胞が集中している理由なのですが、この免役細胞は腸内環境がよくない状態だと十分に機能しないのです。 ですので、体の免疫を低下させないためにも、腸内菌のバランスを崩さないようにしなければいけません。

腸内菌を減少させる「頭痛薬・生理痛止め・ピル」

しかし、私たちを取り巻く色々な要因は、腸内菌を減少させたり弱らせたりして免疫細胞の働きを悪くしてしまいます。 例えば、頭痛薬や生理痛止め、ピル、抗生物質などは腸内菌をも死滅してしまいます。 こうしたものは腸内菌を減らしてしまうので、腸の機能が低下し、結果として体の免疫も低下する形となってしまいます。 小さいころから、抗生物質を飲み続けている方は特に、腸内菌が少ない傾向にあり、免疫力もかなり弱いのです。 ですので、薬の服用が多い方は、腸内菌が減少する一方ですから、腸内菌のエサになるものを積極的に摂ることをおすすめします。

腸内菌を減少させる「ストレス」

腸内菌を減少させる要因の1つにストレスもあげられます。 以前、腸内細菌の専門家が行った研究の中に、自衛隊のレンジャー部隊の訓練生の腸内を調査したものがありました。 この研究は、2週間のレンジャー訓練の前と後で、訓練生の腸内菌がどのように変化するのかを調べたというものです。 驚くことに、訓練前に比べ、訓練後では腸内細菌に大きな減少がみられ、訓練を終えた後にの訓練性の腸内菌は老人レベルの状態まで悪化していたようです。 過酷な訓練が訓練生に大きなストレスを与えた結果、腸内環境が大きく悪化したというわけです。 この研究から、ストレスと腸内環境は因果関係があることが分かりました。 私たちは毎日ストレスを感じて生活していますから、ストレスを抱え続けないための習慣を作っていく必要もあるわけです。